【放置編成】パフェサポなし、チューニング2枚で組める レゾナンス(ブラン限定SSR)を利用した編成方法と編成例【デレステ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チューニング2枚でも組める、ブラン限定SSR(レゾナンス)をセンターにした放置編成の編成方法を説明しています。ただし、ゲストでセンター効果「トリコロール・アビリティ」を使うため、ゲストがいないと組めません。

スポンサーリンク

必要な特技

Sランククリアを狙う場合

Sランククリアを狙う場合、以下のスキルが必要です。

  • 〇〇モチーフ(ブラン限定SSR)
    センター効果「レゾナンス〇〇」
  • チューニング×2
  • ダメージガード
    7秒中確率
  • トリコロール・シナジー(ブラン限定SSR)
  • (ゲスト)センター効果「トリコロール・アビリティ」

楽曲クリアのみを狙う場合

楽曲クリアのみであれば、SRやオールラウンド・ライフ回復でも代用可能です。

  • 〇〇モチーフ(ノワール限定SSR)
    センター効果「レゾナンス〇〇」
  • チューニング×2
  • ダメージガード
    7秒中確率
  • オールラウンド or ライフ回復(SR or SSR)
  • (ゲスト)センター効果「トリコロール・アビリティ」
スポンサーリンク

編成の解説

レゾナンスの効果でチューニングが2枚重なったときにパーフェクト判定となります。これにより、パーフェクトサポート+スキルブーストがなくても放置編成が実現可能です。

スキルブーストがいないことで、通常の放置編成よりもライフ回復量が減少するため、チューニングとダメージガードを合わせたカバー率が重要となってきます。よって、どちらも中確率を選択する方がカバー率が上がります

中確率だと特技ポテンシャルを10振ったとしても発動確率は100%になりません。そこで、センター効果「トリコロール・アビリティ」が必要となり、ゲストが必須となるわけです。

自前のセンター(レゾナンス)とゲスト(トリコロール・アビリティ)は逆でも編成可能です。しかし、スキルブーストなしでパーフェクト判定に出来ることから、スキルブーストを入れるのは効果が薄いです。

スポンサーリンク

編成の注意点

チューニング×2の秒数は一致させる。
チューニングの効果が重なったときのみパーフェクト判定となるため、必ず一致させましょう。特訓前後の編成でも構いません。

Sランククリアを狙う場合は以下の点にも気を付けて編成しましょう。

  • モチーフとトリコロール・シナジーの特化アピール値は一致させる
    レゾナンスの効果により特定のアピール値のみが適用となりますので、特化アピール値を一致させておかないとスコアが伸びません。また、特化アピール値はモチーフのスコア倍率にも影響します。
  • できるだけチューニングとダメージガードの特化アピール値も一致させる
    1つ前で説明した通り、特化アピール値がスコアに影響するためできるだけ一致させましょう。しっかりポテンシャルを振れていれば、チューニングとダメージガードの特化アピール値が一致していなくてもSランククリア狙うことも可能です。
スポンサーリンク

編成例

組み合わせは様々ですが、一例を紹介します。ダメージガード以外をビジュアルに寄せた編成です。

ダメージガードは最短で発動する7秒を選択しましょう。

  • 杉坂海(SSR)特訓後
    チューニング11秒中確率
  • 杉坂海(SSR)特訓前
    チューニング11秒中確率
  • 小早川紗枝(SSR) センター効果「レゾナンスメイク」
    ビジュアルモチーフ7秒高確率
  • 市原仁奈(SR)
    ダメージガード7秒中確率
  • 橘ありす(SSR)
    トリコロール・シナジー7秒高確率
  • (ゲスト)前川みく センター効果「トリコロール・アビリティ」
レゾナンスの編成例
スポンサーリンク

まとめ

ブラン限定SSR(レゾナンス)をセンターにした放置編成の編成方法を紹介しました。

通常の放置編成のパーフェクトサポートをチューニング×2+レゾナンスに差し替えた形です。特にパーフェクトサポートを持っていなくても組めることが最大のメリットです。

楽曲クリアだけが目的であれば、レゾナンス+秒数一致チューニング+ライフ回復があれば可能です。

Sランククリアを目指す場合は、特化アピール値をモチーフに寄せる必要があります。また、チューニング2枚の秒数一致も必要となるため、編成難度は少し高めです。

タイトルとURLをコピーしました