【オートライブ活用術】イベントごとに効率の良し悪しを解説【デレステ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オートライブを使用すると、イベント周回が断然楽になります。

イベントによっては、オートライブと営業だけで完結するものもあるほどです。

ここでは、イベントごとにオートライブの効率性や重要性を説明していきます。

スポンサーリンク

オートライブを使用するメリット

短時間で報酬・ptを獲得できる

最大10枚までまとめて消費することで、消費枚数分の報酬・ptを獲得できます。また、必ずフルコンとなるので、スコアに依存するイベントも理想値で周回可能です。

したがって、時間効率が良く、ながらでも周回できる点がメリットです。

スポンサーリンク

オートライブを使用するデメリット

スタミナ効率は悪い

スタミナ効率が悪くなる原因は、獲得報酬・ptが8割になることです。

これは、イベントによっては影響が大きくなる数値です。

例えば、以下のように獲得ptが設定されているイベントがあったとします。

イベント名消費スタミナ通常時の獲得ptオートライブ時の獲得pt通常時10回分の獲得ptオートライブ時10回分の獲得pt
イベントA501,000pt800pt10,000pt8,000pt
イベントB2050pt40pt500pt400pt

どちらにしても、通常時とオートライブ時で必ず2回分の差が生まれることになります。そして、消費スタミナの差分は以下のようになります。

  • イベントA
    →50×2=100
  • イベントB
    →20×2=40

つまり、1回当たりの消費スタミナが大きいほど、通常プレイ時との差も大きくなるということです。

イベントを走るうえで、時間との勝負という面も大きいので、スタミナ効率の悪さ以上の価値があります。

ですが、スタドリを節約したい方にとってはデメリットでしょう。

スポンサーリンク

イベントごとに見る効率の良し悪し

LIVE Groove(ライブグルーヴ)

1周(4曲)につき1枚消費なので消費効率が良い

アンコール含めると、計4曲のプレイが必要となりますが、オートライブチケット1枚で4曲プレイ可能です。

他のイベントだと1曲につき1枚だったりするので、グルーヴイベントにおけるオートライブの重要性は高いと言えます。

オートライブと営業だけで1万位ボーダー圏内

MASTER+をハコユレMAXでプレイすると、アンコール込みで679pt×0.8=543ptになります。

1日につき10枚消費で5,430ptです。

つまり、5,430pt×開催日が獲得量となります。

ちなみに、オートライブが実装された初開催時の1万位ボーダーは、10日間で8万pt程度です。
(開催期間:2021/10/30~2021/11/08)

毎日オートライブでプレイするだけで、5,430pt×10日間=54,300pt稼げることになります。

これは、オートライブと営業を回しているだけで、1万位ボーダーに入れる水準になります。
「営業による獲得ptのまとめ」はこちら

シンデレラキャラバン

試行回数が毎日10回稼げる

キャラバンの報酬獲得は運要素が大きいので、何よりも試行回数を稼ぐことが重要です。

毎日10回手軽に稼げるというだけでメリットです。

ススメ!シンデレラロード(スシロー)

報酬減の影響が少ない

マップ進行数は10~20マス程度ですが、これの8割は8~16です。

SR2枚取るだけなら、オートライブやってるだけで終わります。
※ミッションを除いて

また、SR2枚をスタラン15にするとなると、結構なプレイ回数が必要となります。ですが、オートライブだけで1日に「上位SR1枚 or 下位SR2枚」取れると考えれば、それなりに効率が良いと言えます。

営業も組み合わせれば、片方のスタランを15にすることも十分可能です。

SR2枚をスタラン15にするとなると、手動でのプレイも必要です。

アタポンイベント

ptの上乗せには効果的

マスター1曲でエンブレムとptともに53×0.8=42となります。

これをpt換算すると約130ptです。

つまり、1日につき130pt×10回=1,300pt稼げるということです。

開催日数にも左右されますが、1万pt以上の上乗せができるので、ボーダーを狙う上では効果的と言えます。

LIVE Parade(ライブパレード)

1曲公演につぎ込むなら許容範囲内

1曲につき1枚消費するため、グルーヴイベントと比較すると、消費効率が良くありません

また、公演目標が必ず失敗するので、曲数が多い公演ほど減少量が大きくなります。これは、3曲公演なら3割減、1曲公演なら2割減に相当します。

つまり、消費スタミナが多い公演ほど、見た目以上にスタミナ効率が悪いということです。

1曲公演なら減少量が抑えられるので、片手間に上乗せする分には許容出来そうです。

LIVE Infinity(ライブインフィニティ)

ほぼ意味ない

イベントptとアイドルptは稼げるが、ミッションはクリアできません

したがって、オートライブを使用するメリットはありません

スポンサーリンク

まとめ:スタミナ消費を考えないなら、大体のイベントで使える

イベントごとにオートライブの効率性や重要性を説明しました。

オートライブの活用方法をまとめると

  • ボーダーに入るための上乗せ
  • 回数を稼いで手間を減らす

といったところでしょう。

どのイベントにも共通するデメリットは、スタミナ効率が悪いということです。

ですが、それを補うほどの時間的効率の良さがあります。

時間が取れない方、イベント走るのが面倒な方は活用するのがオススメです。

ただし、ミッションクリア出来ないので、ミッション主体のイベントでは使えません。

スポンサーリンク

参考

Grooveイベントについて|アイマス デレステ攻略まとめwiki

タイトルとURLをコピーしました