【レビュー】バイオミュータント ケモノだけの世界観が新鮮なオープンワールド【評価】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021/5/25に発売されたPS4、Xbox One、PC向けゲームソフト「バイオミュータント(Biomutant)」のレビュー記事です。

エリア探索、戦闘システムどちらも面白い作品でした。

スポンサーリンク

バイオミュータントってどんなゲーム?

独特な世界観

破壊・汚染され、荒廃した世界を舞台にしたゲームとなっていて、現代の建物や物が多く登場します。特徴的なのは、人は存在せず、ケモノしか登場しない点です。主人公もNPCも全てがケモノです。

ケモノを操作して、広大なマップを駆け巡る疾走感を体感できます。

簡単なコマンド入力で、スピード感のある戦闘

近接攻撃・遠距離攻撃の2つがありますが、武器の切り替えは必要ありません。それぞれにボタンが割り当てられていて、ボタンを1つ押すだけで自動で持ち替えて攻撃してくれます。持ち替える手間がないので、直感的な操作が可能となっています。

また、防御・回避手段にガードは存在せず、パリィとドッジ(回避)のみとなっていて、これらも攻撃の途中に挟むことが可能です。

豊富なクラフト

武器や防具をクラフトで作成・改造することが出来ます。見た目を好みで変えることはもちろん、使用するパーツによって性能に変化もあります。膨大な数のパーツが存在しているため、オリジナルの装備を作成することが可能です。

スポンサーリンク

感想

オープンワールドゲームなので、大きく分けると「探索」「戦闘」に分けられます。それぞれについて、プレイした感想を書いていきます。

探索について

プレイヤー自身がケモノなので、素での移動速度が速く移動は楽です。乗り物も用意されているし、マーキングすればファストトラベルも可能となるので、親切な設計となっています。

乗り物にもいくつか種類があり、水上の移動や汚染地帯の移動等場所により移動手段が用意されています。乗り物に乗った状態での戦闘もあり、通常の戦闘とは違った楽しみがありました。

マップ上には名称付きのエリアが存在します。NPCがいる町であったり、敵に占領されているエリアであったり。各エリアには探索目標が設定されていて、そのエリアで”何ができるのか”、”何が獲得できるか”が分かるようになっているので、探索の切り上げがしやすくなっています。

クエスト発生によりおつかいが多々発生しますが、行先はマップ上に示されるようになっているので、迷うこともほとんどありません。

大自然の中を駆け回ることが楽しく、エリア探索も苦になりづらい設計となっています。普段は探索・収集といった要素は最低限しかやらないのですが、このゲームは隅々まで探索していました。

戦闘について

戦闘は少し難しいです。直感的に操作は出来ますが、パリィ・ドッジのどちらもタイミングよく行わないと失敗して被弾します。パリィの判定は緩めなので、慣れればスピード感のある戦闘が出来るようになります。

自身のレベルが上がると、敵のレベルも上がるので、レベルが上がれば楽になるというわけではありませんでした。もちろん、ステータスが伸びるので立ち回りやすくはなります。このゲームの売りの一つであるクラフトで強力な武器を作ることが攻略における最優先事項です。

遠距離攻撃(銃)もクラフト次第で大ダメージが与えられます。アクション苦手な人でも探索してクラフトを優先的に行えば、クリアは十分可能な難易度です。

ボタン一つで近接攻撃・遠距離攻撃の切り替え・攻撃が出来る戦闘システムが面白いです。ガードを排除して、パリィ・ドッジのみであることも戦闘システムにマッチしています。クラフトで作ったオリジナル武器を使えるのも楽しみの一つ。

翻訳がおかしい

原文を翻訳機にかけてそのまま使いました、みたいな文章になっているので違和感しかありません。ストーリーが進行しても、気になって話がほとんど入ってきません。

新規タイトルなので、ローカライズにコストをかけられなかったのかと思います。ストーリーさえ気にしなければ、ゲームそのものの面白さに影響はないので個人的には別にいいかなって感じです。

スポンサーリンク

まとめ

探索要素は親切設計で、戦闘システムも面白く、新規タイトルとしては満足できる作品でした。

  • ケモノだけの世界観
  • クラフトでオリジナル武器が作れる
  • スピード感のあるアクション

これらに魅力を感じた方にはオススメできる作品です。

ゲーム
この記事を書いた人
管理者

どこにでもいるゲーム好きの会社員です。
ゲームのレビュー・攻略情報を投稿していきます。
何かありましたら、Twitterもしくは、問い合わせフォームにご連絡ください。

follow me!!
follow me!!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
平凡なゲームブログ
タイトルとURLをコピーしました